投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • スタッフ

スタッフ

スタッフ

1998年入社 松本 喜友さん (まつもと よしとも)

1998年入社 松本 喜友さん(まつもと よしとも) 馬込冷凍機の社内では『いじられキャラ』、現場では生真面目な職人気質の松本さん。 プロフィール 平成2年3月に小松原高等学校を卒業後、薬ヒグチに入社するが自分自身の目指す将来像に担当職務とのギャップを感じ翌年に退社。 その後、戦前から日本の事務機の代表といわれた和文タイプライタを生産、販売する、日本タイプライター(現在、キヤノン・エヌ・ティー・シー株式会社)へ転職し約6年間勤務。順風満帆でしたが、日本語ワープロの登場、パソコンの急激な低価格や高性能化の前に和文タイプライタの市場が縮小。

2010年入社 原 久修さん (はら ひさのり)

2010年入社 原 久修さん(はら ひさのり) 平成22年(2010)9月に、馬込冷凍機製作所に入社。 プロフィール 私が、あぁ!覚えられない、参考書眺めながら嘆いていたのが暑い夏真っ盛りだったと記憶。 資格取得の願書を提出し数ヶ月が経過するも、真面目に勉強に取り組めていない自分に結構な焦りを感じていました。 これは、2級管工事試験まで数ヶ月前の話です。 社内で既に合格されている方の話では、 “1日1時間”の勉強でなんとかなるとのこと。“1日1時間”と言われると凄く簡単に思えますが、実際は凄く大変なんだと・・・特に、この年齢になって気付かされました。 そういえば、 同僚の小倉さんや稲森さんも試験前は宿直当番の時にweb講習や問題集を集中的に解いていた。 更に、泉さんは試験前は自分自信に完全ノルマを課して勉強してた。 そんなことを思いながら、私は覚悟をきめました。 とにかく“1日1時間”の勉強を始めることにしましたが上手くいきません。何故ならば趣味でもある“大好きなパン屋通い”をしていたのです。この他に、録画した大量の“海外ドラマもみたい”、“小説も読みたい(佐伯泰英の時代小説大好きです)”、やりたい事ばかりで“1日1時間”が作れないのです。 これはいけないと覚悟を決めた私は、泣く泣く“大好きなパン屋通い”を封印しました。そうする事で、資格取得に取り組む時間を確保し必死の約3ヶ月。 やはり周囲の環境って、とても大事だと気付かされました。自分が勉強する気になったのは、社内の諸先輩方々が実際に取り組まれていたことが自身の頭の片隅にあったからだと思いました。 それで結果は、 無事合格する事ができました。いろいろとアドバイスしていただいた諸先輩方々に“大変感謝”です。 その後は、 これまで封印してきた趣味を思う存分に満喫、『no bread, no life !!』ですね。 皆さんも独りで悩まず、相談しましょうね! 保有資格 # 取得年 取得月日 資格名 資格手当 01. 平成09年(1997) 16日 02. 平成19年(2007) 25日 03. 平成19年(2007) 01日 04. 平成19年(2007) 27日 05. 平成19年(2007) 01日 06. 平成20年(2008) 25日 07. 平成21年(2009) 09日 08. 平成22年(2010) 21日 09. 平成27年(2015) 30日 10. 平成27年(2015) 31日 11. 平成27年(2015) 02日 12. 平成28年(2016) 06日 13. 平成29年(2017) 24日 29,000円 * 当社では社員の資格取得()に力を入れ、技術と知識を高めています。 インタビュー COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING SOON. COMING …

2011年入社 村野 貴大さん (むらの たかひろ)

2011年入社 村野 貴大さん(むらの たかひろ) 平成15年(2003)3月に、都内の高校を卒業し馬込冷凍機製作所に入社。 プロフィール 僕は高校生の時に、割と早い時期から就職を決めていました。 それは高校卒業後、具体的に『やりたい事、なりたい事』がなかったので進学する事に意味を見出せなかったからです。 そして色々な求人情報を見ている時に馬込冷凍機製作所を見つけ、企業訪問し即決で入社を希望しました。

2009年入社 尾形 正法さん (おがた まさのり)

2009年入社 尾形 正法さん(おがた まさのり) 平成15年(2003)3月に、東京都立世田谷工業高校を卒業し2度の転職経験を経て、2009年02月に馬込冷凍機製作所に入社。 プロフィール 馬込冷凍機製作所への転職を決意した理由は、植崎社長の人柄と『人材の力が財産』という考え方が、とても魅力的だと思い入社を志望しました。 転職後は前職で培った現場での経験や、これまでに取得してきた資格を活かし即戦力として活躍したいと日々努力を重ねています。  自分は社内でムードメーカー的な存在であると、先輩後輩方々から慕われています。

2009年入社 高橋 康輔さん (たかはし こうすけ)

2009年入社 高橋 康輔さん(たかはし こうすけ) 平成21年(2009年)に、日本文化大学 法学部 法律学科を卒業し、馬込冷凍機製作所に入社。 プロフィール 学生時代は法律を学ぶ傍ら、剣を振るうことで心身ともに鍛錬でき、人間として大切なことが学べる!と考え『剣道』に取り組んでまいりました。 また、『散歩』が私の趣味です。周囲からは地味だと言われるが、散歩といっても緑の中を歩くのが好きなのです。 じつは先日も飽きずにひたすら山の中を歩いており、気づけば半日が過ぎてました。

2007年入社 川間 秀一さん (かわま しゅういち)

2007年入社 川間 秀一さん(かわま しゅういち) 前職は電気工でした。 プロフィール 当時、資格を持っていなかった事もあり、上司から頭の悪い者は体を使えと言われ退社。 転職雑誌ガテンを見て、株式会社馬込冷凍機製作所の面接にこぎつけました。 当時3人の子持ち(今は4人です)、35歳(自称、愛妻家)の男を雇ってくれるか心配でした...

2001年入社 稲森 宏和さん (いなもり ひろかず)

2001年入社 稲森 宏和さん(いなもり ひろかず) 平成22年(2001)03月に、東京電機大学工学部 第二部電気工学科を卒業し馬込冷凍機製作所へ入社。 プロフィール  私は大学が第二部でしたので、昼間は学費のために予備校で事務のアルバイトをしておりました。 社会人の方々との交流がとても多かったため、様々な情報を得ることができ社会的視野が広がり、とても充実した大学生活を過ごせました。 また、その経験が実社会へ出てから日々の付き合いや折衝などに活かされていると実感。

1997年入社 植崎 伴由さん (うえさき ともよし)

1997年入社 植崎 伴由さん(うえさき ともよし) 最近は、愛車2号のメンテナンスに夢中です! プロフィール 中学2年当時に突然、親父がHONDA DAXを持ってきて全部O/Hしろと言われ、ボディーの色落としから始まりました。 エンジンの解らない所は親父に聞きながらコツコツと、ついでにボアアップキットも手に入れ乾式クラッチを装着しました。 車体はグレーから真っ赤に塗替えご機嫌でしたね!

1995年入社 植崎 利充さん (うえさき としみつ)

1995年入社 植崎 利充さん(うえさき としみつ) 中学2年の時から作業服を着せられ家業のアルバイトです。 プロフィール 当時従業員が24時間を嫌い全員辞めたからです。 アルバイト生活は高校3年まで続きました。 三菱電機ビルテクノサービスに入り面白くなって来たなぁと思ったら... 戻されて入社です。 今も小平の研修センター時代が懐かしく楽しい思い出が沢山。

1994年入社 遠藤 利之さん (えんどう としゆき)

1994年入社 遠藤 利之さん(えんどう としゆき) 前職は外壁(ALC)屋でした。 プロフィール 時代はバブル、ですが崩壊後に出社すると会社は倒産。 その当時、長女はお腹の中、家族が増えるので慌てて職探しでした。 そんな時に転職雑誌ガテンに掲載されていた、馬込冷凍機製作所を見つけ門を叩いたのが縁でした。

Copyright © All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.